LCCが安い理由と活用法

LCCが安い理由

LCCが安い理由

格安航空券を販売しているLCCですが、どうして安くできるのかということを紹介しています。利用者の安全に問題があるような運営方法をとっているのではないかと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないので安心してください。

 

LCCが安く運営できている理由の一つとして、空港での工夫があります。空港について次の運行までの時間を待機時間と言いますが、この待機時間を出来る限り短くしているのです。もちろん整備などの時間はとっていますが、最小限待機時間を短くすることで、その飛行機の費用対効果を上げているのです。しかし待機時間が短いということで、トラブルによって遅延してることがよくあります。そのためLCCを利用する際には遅延がつきものだと考えて余裕を持ったスケジュールを立てましょう。

 

ターミナルから飛行機につながっている通路のことをボーディングブリッジと言いますが、LCCではこれを利用していないことが多いです。そのため利用料を節約することができ、安く飛行機を飛ばすことができるのです。
ではどうやって飛行機に乗り込むのかというと、飛行機が止まっている駐機場までバスを運行しています。そこから飛行機に乗り降りするのです。もちろん近くに駐機場があれば徒歩で移動することになります。ボーディングブリッジを利用するよりも短い距離しか歩かないこともあるので、良い点もあるようです。

 

また、LCCは大空港を利用することは極力避け、郊外の空港を利用していることが多いです。そのため到着場所が郊外になることが多く、その後の移動手段を考える必要が有るでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ