LCCが安い理由と活用法

LCCが安い理由と活用法

最近人気になってきたLCCが安い理由

 

格安航空券というと、最近人気になってきたLCCを思い浮かべる人も多いかもしれません。
LCCは低価格で航空券を購入できる会社ですが、どうして低価格になっているかということはLCC各社で異なります。
そのため自分が利用する会社がどのような工夫で格安になっているかを確認しておきたいものです。

 

LCCが一般的なのは欧米です。欧米のLCCはサービスの質を落として格安にするというのが基本的な方法になります。
日本のLCCは欧米に比べるとサービスの質がいいと言われています。
そのため他の部分で安くする工夫があるようです。

 

基本的には一般的な航空券では無料となっているサービスが有料になると考えておきましょう。
荷物の持ち込みが有料になることもありますし、機内のサービスが有料の場合もあります。
一般的な航空券にはそういった料金が含まれているので、その分を引けば格安で販売することができるということになります。

 

いくら格安といっても利用者に大きな負担になるようなことはありません。
そのため普通に利用する分には格安で利用できるためメリットが大きいのです。
しかし、大きな荷物を持ち込みたいなど特別な利用方法を取る場合には、LCCではなく一般的な旅券を買ったほうがお得になることもあるでしょう。LCCが安い理由を把握しておく必要があります。

 

様々な工夫で航空券の価格を安くしている

格安航空券を販売しているLCC。LCCは様々な工夫で航空券の価格を安くしています。
そういった工夫は大手航空会社にはできないのでしょうか。

 

実は大手航空会社でも真似ができるような工夫はあります。
座席を狭くして搭乗人数を増やすことや手荷物有料化など、利用者の不満は置いておいてやろうと思えばできることはあるでしょう。
しかし現実的に考えて、大手航空会社では、座席数を増やすことや機内サービスを有料化するということは、乗客を快適に運ぶという意味では不可能に近いのです。

 

大手航空会社は国際線を多く運営しています。そのため長距離の移動になります。
長距離移動の際に機内サービスを有料にしたり、座席を狭くするというのは運営上問題があると考えられます。
LCCは中型機を多く飛ばしているのですが、大手航空会社では一度に多くの人を限られた時間で移動させる必要が有ることから、中型機を代用するということは難しいです。

 

大手航空会社を利用する人の多くは、そのサービスを目的に利用しています。
そのためサービスの質を落として価格を下げるというのは、大手航空会社の戦略にはならないのです。
価格を下げてもサービスが下がれば結局はLCCとの差別化になりません。

 

現在は大手航空会社もLCCもそこまで人件費に差がありません。
そのため人件費を削減するという面では大手航空会社もLCCも変わらないと考えられます。
そもそも大手航空会社とLCCでは戦略が違うので、真似ができるとしてもお互いの真似をすることにメリットが少ないというのが事実です。
最近話題のサイトです:http://www.airticket-center.com/


 

ホーム RSS購読 サイトマップ